味工房まんま別館(東大阪)の和食懐石料理はどんなメニュー?お値段は?

街角グルメ情報!

食いしん坊で地元の美味しいグルメを探求しているアキです。

今日は和食懐石料理店の味工房まんま別館をご紹介します。
こちらのお店は旬の素材はもちろん、産地や新鮮さにもこだわっており、心のこもった料理をいただくことができます。
すこし贅沢な料理には一体どんなメニューがあり、どのくらいの予算を考えたら良いでしょうか?

東大阪の郊外で駅から近いのが嬉しい!本店の想いを受け継いだ別館

まんま別館の最寄り駅は大阪メトロ中央線の長田駅から徒歩2分のところにあり、車では大通りから一つ隣の筋に入ったところにあります。
駐車場はないので車の際は近くのコインパーキングに停めると良いでしょう。

実は同じ東大阪の少し離れた場所に本店があり、予約なしでは入ることが出来ないほどの人気店でした。
今では閉店してこちらの別館のみとなってしまいましたが、本店で築き上げた想いを別館が受け継いでいます。

まるで高級料亭のようなお店はゆったりとして落ち着いた雰囲気。

お店の外観はまるで高級料亭のような立派な作りになっています。
入り口には日替わりで書かれたお品書きが置かれています。

玄関に入るとそこには一本板の長いカウンターの客席があります。
そちらはオープンキッチンになっていて調理師さんの巧みな技を見ることが出来ます。

テーブル席と座敷は個室になっていて、木を基調として作られた内観は温かみを感じられ、ゆったりとした雰囲気で落ち着きます。
そして割烹着を着たお店の方がとても丁寧なおもてなしをしていただけます。

月替わりのコースは昼は3000円~夜は6000円~で季節の料理を堪能!

お料理は月替わりのコースと逸品料理があります。
月替わりのコースではお昼の3500円のミニ会席と5000円のコース、夜は6000円のコースと9000円のコースがあります。
お昼のミニ会席は前菜にお膳が4品、ご飯物と赤だし、デザートがついています。
どのコースにもその季節にしか味わうことの出来ない素材が使われており、素材に合わせた味付けの料理になっています。
接待やお祝い事などちょっとした席にはコースが最適です。

日替わりの逸品は店主が市場まで買い付けている。

旬の食材を探し求めて店主がいつも市場まで買い付けているため、逸品料理は日によって変わります。
毎日手書きで書かれたお品書きは、一つ一つの料理に愛情が込められていることが感じられます。
厳選された素材を生かした料理はとても美味しくいただくことが出来ます。

以上、味工房まんま別館についてご紹介しましたが、中々気軽に行くには少々お値段が張りますが、何かの記念日やお祝い事、接待や大切な人とのお食事会など、、、特別な日に行くのもよいですね。
本格的な料亭を行くことを思えば、まんま別館はとてもリーズナブルな値段設定になっているのではないでしょうか?
素材と旬の食材にこだわった和食の店、味工房まんま別館に是非行ってみてはいかがでしょうか。

PS:こちらのお店は仕出しの料理もしています。
3000円~8000円のセットがあって、行楽弁当や法要など、ぜひこちらも利用してみたいですね!

コメント